車の運転が苦手な人が気を付ける事

車の運転は得意な人と苦手な人に分かれると思います。私もあまり得意な方ではありません。車の運転が苦手な人が気を付ける事を書いていきます。
まず、車を運転する時はしかっりとした意思を持つことが重要です。しっかりとした意思とは何かというと、ここ曲がります、とか、ここ進みたいですといった、これから自分が何をしたいのかをはっきりさせる事です。運転が苦手な人は次の行動について決めかねて、自信なく走ってしまう事があると思います。もし前の車が曲がるのか直進なのか、フラフラと決めかねていたら、後ろの車もどのように対応して良いか混乱する事になると思います。最悪事故に繋がってしまう事もあります。自分が何をしたいのか、十分自信を持って運転する事が重要です。
次に、何をしたいのかを考えたら、それを道順ごとに組み立てて全体の流れを考えます。この道を曲がりたいから右折レーンに入る、ここで駐車したいから、少し前から原則していく、などです。運転が苦手な人は、急な横入りや急な停止など思い立ってすぐの急な行動に出がちです。経路についてある程度把握しておけば、こういった急な行動は極力防止できる筈です。
そして最後は落ち着いてゆっくり走る事です。運転が苦手な人は他の車を気にしすぎるあまり、自分のペースを保てない事が多いです。苦手な事を慌ててやればきっと失敗してしまいます。交通は相互の助け合いが必要なのであまりゆっくり走り過ぎるのは問題ですが、自分のペースを崩して走る事の方が危険です。
ゆっくり落ち着いて、でも自分の遺志を持って運転すれば、大きな事故も無く安心して運転できるのではと思います。