新車と中古車の違いに気づく

今まで新車には縁が無く、身内が中古車修理販売をしていたので程度の良い中古車を買い替え乗っていました。
過去に乗って来た車種はマークⅡから始まってクラウンのステーションワゴン、パジェロ、サーフ、ベンツのステーションワゴン、ゴルフ、ストリームなどでした。
どちらかと言うとステーションワゴンタイプを好んで乗っていました。
しかし息子が車を購入することになって自分は中古車でも良かったのですが息子には新車を購入した方が良いと勧めました。
丁度欲しい車種もあり、発売されたばかりの車だったしハイブリッド車だったので貯金をはたいて購入しました。
やはり中古車とは全然違い何もかもが新品で使い心地がとても良く、まず気分が違いました。
新車は高いと思っていましたが、エコカー減税や車検が3年ついているのと新車なので次下取りに出す時の車体価格などを全て考えると中古車の方が安いとは必ずしも言えないなと思いました。
中古車は当たり外れがあるし調子が悪ければ修理代にお金がかかてしまっては安く買った意味もなくなってしまいます。
その点新車は調子が悪ければ保証があるので中古車のように当たり外れを気にしなくてもいい上に安心して乗れます。
今まで中古車の方がお得だと勝手に勘違いしてました。
息子の新車があまりに良かったので、今年うちの自家用車も車検だったので迷わず新車を購入しました。
その前に乗っていた車は中古車だったので今回購入した新車の良さを堪能しています。